ニュース一覧

骨盤底筋は鍛えて損なし

下半身

冷え性や便秘も改善できる

膣が緩んでいるという感覚は、女性自身ではなかなか自覚しにくいものです。性交時にパートナーの反応を確かめるといっても、よくわからないのが現状です。膣が緩んでいることによって起こる症状としては、笑ったりくしゃみをした時に尿漏れしたり、お風呂のお湯につかって立ち上がった時に、膣からお湯が流れ出るなどが挙げられます。このような症状が現れている場合は膣が緩んでいるサインですが、気に病む必要はありません。女性なら誰にでも起こりうる現象なので、トレーニングで解消するように努めましょう。膣引き締めトレーニングは、5分程で出来る簡単なものです。立ったまま、椅子に腰かけたまま、寝ころんだまま、どんな体勢でも行えます。まずは、息を吸いながら肛門と膣を締めて5秒ほどホールドし、次に息を吐きながら開放します。このトレーニングを10回から20回行うことで、膣引き締めが可能になります。膣や肛門周りには、骨盤底筋という筋肉があり、その筋肉を鍛えることにより膣引き締め効果が得られるのです。また、骨盤底筋を鍛えると、膣引き締めだけでなく、子宮脱を防いだり、便秘や冷え性を改善したりするなど、女性に嬉しい美容・健康作用もあります。まだ何の症状が現れていない人でも、毎日膣引き締めトレーニングを行うことによって、将来的な緩みの予防効果も得られます。鍛えておいて損のない筋肉なので、新しい美容習慣として取り入れてみてはいかがでしょう。