ニュース一覧

リンパの流れを良くする

バスト

乳腺を刺激する

胸を大きくするために、バストマッサージを取り入れている人もいるでしょう。しかし、ただ闇雲にマッサージするだけでは、希望通りのバストアップを図ることは出来ません。バストマッサージによって胸が大きくなるメカニズムを理解したうえで行うと、より効果的にバストアップができるでしょう。バストマッサージで胸が大きくなるメカニズムは、2種類あります。1つ目は、バストマッサージでリンパの流れを良くして、必要な栄養分を胸全体に行き渡らせることです。大豆イソフラボンやたんぱく質など、胸を大きくする栄養素を摂取しながら行うと効果があります。2つ目は、バストマッサージで乳腺を活性化させ、胸を大きくすることです。そのため、バストマッサージをする時は、リンパの流れを良くすることと、乳腺を活性化させることを考えながら行いましょう。リンパの流れは、体が温まっている時の方がよくなるため、バストマッサージはお風呂上りに行うのがベストなタイミングです。もしくは、入浴中に行っても良いでしょう。また、乳腺は乳房のいたるところ散在しているため、マッサージをする時は胸全体にまんべんなく力が加わるようにします。そして、下垂などを防ぐため、バストマッサージを行うときは下から上に向かって行うのが鉄則です。一つ気をつけなければいけないのは、胸の脂肪は燃焼しやすいため、あまり長い時間バストマッサージをするのは避けることです。痛みが出ることもあるので、短い時間で、優しく丁寧に行うようにしましょう。